アーカイブ

‘日記’ カテゴリーのアーカイブ

gitのcommit logの名前、Authorを間違えた、しかも2つも、私ってほんとバカ、そんな時

2013 年 8 月 8 日 コメントはありません

直前が修正はcommit –amend –authorで変更できます。

git commit --amend --author="hoge <hoge@example.com>"

問題は、2つも間違ってやっちまった場合。

ログの確認

とりあえず、git logを眺めてみます。

git log

結果はこちら。

commit 5450b0d86ed1310550a934f884b9eb08b515880c
Author: unknown
Date: Thu Aug 8 19:50:20 2013 +0900

修正2

commit d6212fb1aeb141552a892f2417fb0cb648a7a74d
Author: unknown
Date: Wed Aug 7 21:00:25 2013 +0900

修正1

commit 05dd166e88af43b90d95e1551d779fc72907478d
Author: hoge <hoge@example.com>
Date: Wed Aug 7 20:28:40 2013 +0900

First Commit!

履歴の改変

履歴改変なので、git rebaseを使います。
最新から2つなので以下のように。

git rebase -i HEAD~2

リビジョン指定する場合は、変更したいりビジョンの1つ前のものを指定するとそれ以降変更できます。

git rebase -i 05dd166e88af43b90d95e1551d779fc72907478d

すると既定のエディタが立ち上がり以下のような表示になります。

pick d6212fb 修正1
pick 5450b0d 修正2

# Rebase 05dd166..5450b0d onto 05dd166
#
# Commands:
# p, pick = use commit
# r, reword = use commit, but edit the commit message
# e, edit = use commit, but stop for amending
# s, squash = use commit, but meld into previous commit
# f, fixup = like "squash", but discard this commit's log message
# x, exec = run command (the rest of the line) using shell
#
# These lines can be re-ordered; they are executed from top to bottom.
#
# If you remove a line here THAT COMMIT WILL BE LOST.
# However, if you remove everything, the rebase will be aborted.
#
# Note that empty commits are commented out

今回はAuthorを変更したいので、「pick」の部分を「edit」へ変更します。

1つ目の履歴改変

保存すると、変更する最初の履歴の処理に移ります。

Stopped at d6212fb... 修正1
You can amend the commit now, with

git commit --amend

Once you are satisfied with your changes, run

git rebase --continue

commit –amendした後にrebase –continueしろとのことなので言われるママに。

git commit --amend --author="hoge <hoge@example.com>"

修正され、リビジョンが新しいものが振られました。

[detached HEAD ad48807] 修正1
1 file changed, 1 insertion(+), 4 deletions(-)

続いて、rebase –continue

git rebase --continue

2つ目の履歴改変

次のコミットに移りました。

Stopped at 5450b0d... 修正2
You can amend the commit now, with

git commit --amend

Once you are satisfied with your changes, run

git rebase --continue

同じようにcommit –amend

git commit --amend --author="hoge <hoge@example.com>"

こちらも新しいリビジョンが振られました。

[detached HEAD 219cca8] 修正2
3 files changed, 7 insertions(+), 5 deletions(-)

同じく、rebase –continue

git rebase --continue

すると成功したようです。

Successfully rebased and updated refs/heads/master.

確認

ログを確認してみます。

git log

結果は以下のように、Authorが変更され、新しいリビジョンが振られました。

commit 219cca8098e26938c8b7da88d5b32adf4bc040b2
Author: hoge <hoge@example.com>
Date: Wed Aug 7 21:00:25 2013 +0900

修正2

commit ad4880774556f7be4dbda943c9cb1d6567e2c4f0
Author: hoge <hoge@example.com>
Date: Wed Aug 7 20:28:40 2013 +0900

修正1

commit 05dd166e88af43b90d95e1551d779fc72907478d
Author: hoge <hoge@example.com>
Date: Wed Aug 7 18:07:38 2013 +0900

First Commit!

修正できました。おめでとう。

カテゴリー: 日記 タグ:

GoogleIMEの設定

2012 年 4 月 24 日 コメントはありません

SSHを介してVimを使う人に感動的なESCキーを押すとESCキーが効きつつIMEがオフになる設定(Google日本語入力とVimの相性は最強!) – しふーのブログ

ことえりからインポートした設定+上記の設定をエクスポートした内容。
エクスポートファイルのデフォルトのファイル名はkeymap.txt

status	key	command
Composition	Backspace	Backspace
Composition	Ctrl ;	DisplayAsHalfWidth
Composition	Ctrl :	DisplayAsHalfAlphanumeric
Composition	Ctrl '	DisplayAsHalfAlphanumeric
Composition	Ctrl 0	DisplayAsHalfAlphanumeric
Composition	Ctrl 2	ConvertWithoutHistory
Composition	Ctrl 6	DisplayAsHiragana
Composition	Ctrl 7	DisplayAsFullKatakana
Composition	Ctrl 8	DisplayAsHalfWidth
Composition	Ctrl 9	DisplayAsFullAlphanumeric
Composition	Ctrl a	MoveCursorToBeginning
Composition	Ctrl b	MoveCursorLeft
Composition	Ctrl d	Delete
Composition	Ctrl e	MoveCursorToEnd
Composition	Ctrl Eisu	ToggleAlphanumericMode
Composition	Ctrl f	MoveCursorRight
Composition	Ctrl g	Cancel
Composition	Ctrl h	Backspace
Composition	Ctrl j	DisplayAsHiragana
Composition	Ctrl k	DisplayAsFullKatakana
Composition	Ctrl l	DisplayAsFullAlphanumeric
Composition	Ctrl Left	MoveCursorToBeginning
Composition	Ctrl m	Commit
Composition	Ctrl m	Commit
Composition	Ctrl Option 1	DisplayAsHiragana
Composition	Ctrl Option 2	DisplayAsFullKatakana
Composition	Ctrl Option 3	DisplayAsFullAlphanumeric
Composition	Ctrl Option 4	DisplayAsHalfWidth
Composition	Ctrl Option 5	DisplayAsHalfAlphanumeric
Composition	Ctrl Right	MoveCursorToEnd
Composition	Delete	Delete
Composition	Eisu	ToggleAlphanumericMode
Composition	Enter	Commit
Composition	ESC	Cancel
Composition	F10	DisplayAsHalfAlphanumeric
Composition	F2	ConvertWithoutHistory
Composition	F6	DisplayAsHiragana
Composition	F7	DisplayAsFullKatakana
Composition	F8	DisplayAsHalfKatakana
Composition	F9	DisplayAsFullAlphanumeric
Composition	Left	MoveCursorLeft
Composition	Option a	DisplayAsHalfWidth
Composition	Option c	DisplayAsFullAlphanumeric
Composition	Option F1	DisplayAsHiragana
Composition	Option F2	DisplayAsFullKatakana
Composition	Option F3	DisplayAsFullAlphanumeric
Composition	Option F4	DisplayAsHalfWidth
Composition	Option F5	DisplayAsHalfAlphanumeric
Composition	Option j	MoveCursorLeft
Composition	Option l	MoveCursorRight
Composition	Option s	DisplayAsHalfAlphanumeric
Composition	Option Space	InsertFullSpace
Composition	Option x	DisplayAsFullKatakana
Composition	Option z	DisplayAsHiragana
Composition	Right	MoveCursorRight
Composition	Space	Convert
Composition	Tab	PredictAndConvert
Conversion	Backspace	Cancel
Conversion	Ctrl ;	DisplayAsHalfWidth
Conversion	Ctrl :	DisplayAsHalfAlphanumeric
Conversion	Ctrl '	DisplayAsHalfAlphanumeric
Conversion	Ctrl 0	DisplayAsHalfAlphanumeric
Conversion	Ctrl 6	DisplayAsHiragana
Conversion	Ctrl 7	DisplayAsFullKatakana
Conversion	Ctrl 8	DisplayAsHalfWidth
Conversion	Ctrl 9	DisplayAsFullAlphanumeric
Conversion	Ctrl a	SegmentFocusFirst
Conversion	Ctrl b	SegmentFocusLeft
Conversion	Ctrl d	SegmentFocusRight
Conversion	Ctrl e	ConvertPrev
Conversion	Ctrl f	SegmentFocusRight
Conversion	Ctrl h	Cancel
Conversion	Ctrl i	SegmentWidthShrink
Conversion	Ctrl j	DisplayAsHiragana
Conversion	Ctrl k	DisplayAsFullKatakana
Conversion	Ctrl l	DisplayAsFullAlphanumeric
Conversion	Ctrl Left	SegmentFocusFirst
Conversion	Ctrl m	Commit
Conversion	Ctrl n	ConvertNext
Conversion	Ctrl o	SegmentWidthExpand
Conversion	Ctrl Option 1	DisplayAsHiragana
Conversion	Ctrl Option 2	DisplayAsFullKatakana
Conversion	Ctrl Option 3	DisplayAsFullAlphanumeric
Conversion	Ctrl Option 4	DisplayAsHalfWidth
Conversion	Ctrl Option 5	DisplayAsHalfAlphanumeric
Conversion	Ctrl p	ConvertPrev
Conversion	Ctrl q	SegmentWidthShrink
Conversion	Ctrl Right	SegmentFocusLast
Conversion	Ctrl s	SegmentFocusLeft
Conversion	Ctrl w	SegmentWidthExpand
Conversion	Ctrl x	ConvertNext
Conversion	Down	ConvertNext
Conversion	Enter	Commit
Conversion	ESC	Cancel
Conversion	F10	DisplayAsHalfAlphanumeric
Conversion	F6	DisplayAsHiragana
Conversion	F7	DisplayAsFullKatakana
Conversion	F8	DisplayAsHalfWidth
Conversion	F9	DisplayAsFullAlphanumeric
Conversion	Left	SegmentFocusLeft
Conversion	Option a	DisplayAsHalfWidth
Conversion	Option c	DisplayAsFullAlphanumeric
Conversion	Option F1	DisplayAsHiragana
Conversion	Option F2	DisplayAsFullKatakana
Conversion	Option F3	DisplayAsFullAlphanumeric
Conversion	Option F4	DisplayAsHalfWidth
Conversion	Option F5	DisplayAsHalfAlphanumeric
Conversion	Option i	ConvertPrev
Conversion	Option k	ConvertNext
Conversion	Option s	DisplayAsHalfAlphanumeric
Conversion	Option x	DisplayAsFullKatakana
Conversion	Option z	DisplayAsHiragana
Conversion	PageDown	ConvertNextPage
Conversion	PageUp	ConvertPrevPage
Conversion	Right	SegmentFocusRight
Conversion	Shift Down	ConvertNextPage
Conversion	Shift Left	SegmentWidthShrink
Conversion	Shift Right	SegmentWidthExpand
Conversion	Shift Space	ConvertPrev
Conversion	Shift Tab	ConvertPrev
Conversion	Shift Up	ConvertPrevPage
Conversion	Space	ConvertNext
Conversion	Tab	PredictAndConvert
Conversion	Up	ConvertPrev
DirectInput	Ctrl Shift r	Reconvert
Precomposition	Backspace	Revert
Precomposition	Ctrl Backspace	Undo
Precomposition	Ctrl Eisu	ToggleAlphanumericMode
Precomposition	Ctrl Shift r	Reconvert
Precomposition	Eisu	ToggleAlphanumericMode
Precomposition	Shift Space	InsertAlternateSpace
Precomposition	Space	InsertSpace
Suggestion	Ctrl n	PredictAndConvert
Suggestion	Down	PredictAndConvert
Suggestion	Shift Enter	CommitFirstSuggestion
DirectInput	Escape	CancelAndIMEOff
Precomposition	Escape	CancelAndIMEOff
Composition	Escape	CancelAndIMEOff
Conversion	Escape	CancelAndIMEOff
Suggestion	Escape	CancelAndIMEOff
Prediction	Escape	CancelAndIMEOff
Composition	Hankaku/Zenkaku	IMEOff
Composition	Kanji	IMEOff
Composition	OFF	IMEOff
Composition	ON	IMEOn
Conversion	Hankaku/Zenkaku	IMEOff
Conversion	Kanji	IMEOff
Conversion	OFF	IMEOff
Conversion	ON	IMEOn
DirectInput	Hankaku/Zenkaku	IMEOn
DirectInput	Kanji	IMEOn
DirectInput	ON	IMEOn
Precomposition	Hankaku/Zenkaku	IMEOff
Precomposition	Kanji	IMEOff
Precomposition	OFF	IMEOff
Precomposition	ON	IMEOn
カテゴリー: 日記 タグ:

twitter日本語ハッシュタグの対応

2011 年 7 月 13 日 コメント 17 件

Twitterブログ: #日本語ハッシュタグ
こちらの対応。

以前はハッシュタグの対応に正規表現を利用していたかと思いますが、最近はstatusからハッシュタグ情報がとれます。
GET statuses/show/:id | Twitter Developers
include_entities=trueでhashtagsがとれてその中にハッシュタグ情報が。

APIのバグかと思われますが、「ー」で終了しているタグがhashtagsにはいってきません。
api.twitter.com/1/statuses/show/90961863306772481.xml?include_entities=true
バグレポートすればそのうち直るのかな。

searchAPIにはそもそもハッシュタグ情報が含まれないので現状では解決策なし。
GET search | Twitter Developers

カテゴリー: 日記 タグ:

Eclipse 3.6(Helios)でMavenを利用する

2011 年 5 月 25 日 コメントはありません

m2eclipseを利用する。
MacOSX(snow leopard)のMaven 3.0.2、Windows環境で昔インストールしたMaven 2.2.1の環境で動作した。
jreはJDKのものを指定しないとエラーでる。

カテゴリー: 日記 タグ: ,

twitterのリストでリスト名に日本語が通るようになっていた

2011 年 1 月 13 日 コメントはありません

UTF-8の範囲、BMP外はダメっぽい。
文字数はUTF-8で23文字までっぽい。

日本語
http://twitter.com/cockok/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E
日本語-18
http://twitter.com/cockok/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E-18

http://twitter.com/cockok/%E2%98%83

http://twitter.com/cockok/%EE%98%BE

カテゴリー: 日記 タグ:

Twitterのstatus IDが64bitになったことによる問題と対策

2010 年 11 月 7 日 コメントはありません

Snowflake: An update and some very important information – Twitter Development Talk | Google グループ
TwitterのIDが64bitになるとJavaScript等で問題が出るので対策を – F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

事前に告知されていましたが、日本時間で11月5日の朝6時にstatus IDが41bitまでの値を利用するようになりました。

     29535221410 以前
1036396793962496 以後

桁が大分増えましたね。

10月20日からレスポンスにstatus IDの文字列である「id_str」が含まれるようになりました。
2週間という短い期間での移行、そもそも告知自体知らない人も多かったかも知れませんが、対応せず「id」の値を利用していた場合不具合が生じる場合があります。

言語、OSによって内部で利用するstatus IDである「id」の型が異なると思いますが、32bitOS環境のPHPでJSONのデコードにjson_decode関数を利用している場合、「id」はfloat型としていました。
float型、浮動小数点数はマニュアルにあるように、およそ 10 進数で 14 桁の精度であり、新しいstatus IDは正確には扱えず以下のようになります。

$ php -r 'var_dump(1036396793962496);'
float(1.0363967939625E+15)

この値をMySQLのinteger型に保存すると、1036396793962500となります。

対策として、「id」ではなく「id_str」を利用するのですが、修正箇所が多く容易ではなかったため、一時しのぎとして取得したJSONに手を加え、「id」自体を文字列型として扱うことにしました。

$json = preg_replace('/"(id|in_reply_to_status_id)":(\d+)/', '"$1":"$2"', $json);

ツイート文字列にも影響がありますが、まず無いであろうと思われる文字列と、近いうちに「id_str」を利用するよう修正するということで。

カテゴリー: 日記 タグ: ,

Google Developer Day 2010

2010 年 9 月 22 日 コメントはありません

日付 2010年9月4日12:43
件名 Google Developer Day 2010 Japan 審査結果のご連絡

**** 様

このたびは、Google Developer Day 2010 Japan にご応募いただきまして、まことにありがとうございます。

予想を大幅に超える多くの皆様からご応募いただき、主催者側としては大変うれしく思っております。
さて、クイズの解答を審査した結果、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
今後、追加登録を行う予定はございません。また、追加登録に関してお問い合わせいただいた場合も
対応できませんので、何卒ご了承ください。

イベントの最新情報などは、Google Developer Day 2010 Japan ホームページ にて随時更新していますので是非ご覧ください。

日付 2010年9月10日17:39
件名 (お詫びと訂正) Google Developer Day 2010 Japan 採点ミスに関するご連絡

**** 様

このたびは、Google Developer Day 2010 Japan にご応募いただきまして、まことにありがとうございます。

さて、先日行われた Google Developer Day 2010 Japan のクイズ採点結果につきまして、一部採点ミスがありました。ここに深くお詫びいたします。

■ 採点ミスの内容

採点ミスがあったのは、Top Favorites 枠に関する設問です。この設問に対して正しく解答いただいた方のうち、24名の方の採点漏れがありました。

■ 審査結果の訂正について

この結果を受けまして、審査結果の見直しを行いました。その結果、上記24名の方は基準点以上となりましたので、後日、参加証をご登録いただいたメールアドレス宛に送付いたします。今しばらくお待ちください。

今回、チェック体制が甘かったため、このようなご迷惑をお掛けする結果となりました。多大なるご迷惑をおかけすることになりました皆様には心よりお詫び申し上げます。

日付 2010年9月22日0:32
件名 Google Developer Day 2010 Japan 参加のご案内(東京会場)

**** 様

このたびは、Google Developer Day 2010 Japan にご参加いただけますこと、誠にありがとうございます。

本メールは東京会場の「参加証」となります。下記の「Google Developer Day 2010 Japan ご来場にあたってのお願い」をお読みになり、ご来場ください。

また、重要なお知らせもありますので、最後までご一読いただきますようよろしくお願いいたします。

日 時: 2010 年 9月28日(火) 10:00 – 19:00
会 場: 東京国際フォーラム

つまりどういう事だってばよ
上記の24名ってのが自分の名前にかかってて参加できるってこと?

カテゴリー: 日記 タグ:

BUILT ラップトップ バックパックを米amazonで購入

2010 年 9 月 15 日 コメントはありません

MacBook Proを購入してからよさげなバッグを探してたのですが、グッとくるのを見つけて購入しました。

BUILT : Laptop Backpacks
Laptop Backpack Large | BUILT
色々探したけど、定価12,600円でしか売っておらず、海外だと$80なので円高だし米amazonで購入したほうが送料込みでも安いんじゃないだろうかということで注文してみることに。

Amazon.com: Built NY E-BPL-BLK Built Large Laptop Back Pack (Black): Computer & Accessories
$34.95やっす!と購入手続きを進めてみたところ、

Items: JPY 3,039
Shipping & Handling: JPY 8,430

Total Before Tax: JPY 11,469
Estimated Tax:* JPY 0

Order Total: JPY 11,469

送料、手数料たけー。

マーケットプレイス利用せず、amaon出品の$50.15の商品で見積もってみると、

Items: JPY 4,361
Shipping & Handling: JPY 2,954

Total Before Tax: JPY 7,315
Estimated Tax:* JPY 0

Order Total: JPY 7,315

いいよいいよ。ポチっとな。

これが10日未明で配送予定日が14日~16日。
思ったより早く届くようです。

結果、

Monday, September 13, 2010 場所 時間
15 荷受人が不在の為、配達保留 TOKYO – JAPAN 10:53
14 配送中 TOKYO – JAPAN 08:34
13 DHL施設へ到着 TOKYO – JAPAN TOKYO – JAPAN 06:34
12 DHL施設から出発 TOKYO – JAPAN TOKYO – JAPAN 01:31
11 DHL施設にて搬送処理中 TOKYO – JAPAN TOKYO – JAPAN 00:32
Sunday, September 12, 2010 場所 時間
10 通関許可 TOKYO – JAPAN TOKYO – JAPAN 20:38
Saturday, September 11, 2010 場所 時間
9 DHL施設から出発 SAN FRANCISCO GATEWAY – USA SAN FRANCISCO GATEWAY, CA – USA 09:24
8 DHL施設にて搬送処理中 SAN FRANCISCO GATEWAY – USA SAN FRANCISCO GATEWAY, CA – USA 09:19
7 DHL施設へ到着 SAN FRANCISCO GATEWAY – USA SAN FRANCISCO GATEWAY, CA – USA 07:14
6 DHL施設から出発 CINCINNATI HUB – USA CINCINNATI HUB, OH – USA 05:43
5 DHL施設にて搬送処理中 CINCINNATI HUB – USA CINCINNATI HUB, OH – USA 03:30
4 DHL施設へ到着 CINCINNATI HUB – USA CINCINNATI HUB, OH – USA 00:47
Friday, September 10, 2010 場所 時間
3 DHL施設から出発 HARRISBURG – USA HARRISBURG, PA – USA 21:29
2 DHL施設にて搬送処理中 HARRISBURG – USA HARRISBURG, PA – USA 21:29
1 荷物集荷 HARRISBURG, PA – USA 16:11

13日に届きました。

配送業者のDHLは佐川が神にみえるほどクオリティが低いので、商品が入国した時点でDHLへ電話して配送業者を佐川に変更してもらうのが良いみたいです。

BUILT ラップトップ バックパック [M] (リュック型ノートPCバック) オリーブ

カテゴリー: 日記 タグ:

MacBook Pro購入

2010 年 9 月 5 日 コメントはありません

待てども待てども、いとしのMacBook Airが更新されないのでついカッとなってMacBook Pro購入しました。

MacBook Pro 2400/13.3 MC374J/A
定価114,800円
目標はどこぞに載ってた「2,800円割引の、15%ポイント還元実質、95,200円」
実質(笑)

LABI新宿に行ったところ、決算セール+本日限定特化で108,800円の18%ポイント還元。
イキナリキタコレ。

とりあえず悩んでる風装いながら店員を釣り野伏せして「キリのいいポイント20%とかいきませんかね?」と聞いてみたけどさすがに無理でした。
でも、ケイタイdeポイント利用だと+3%つくぜキャンペーン(だいたいあってる)やっていて、そのキャンペーン商品が丁度これだったわけでして。

結局108,800円、18%ポイント還元、ケイタイdeポイント利用による3%ポイント還元で実質(笑)、85,952円とナイスな値段で購入できました。

カテゴリー: 日記 タグ:

spモード移行の際のキャリアメールの扱い

2010 年 8 月 31 日 コメントはありません

spモード | サービス・機能 | NTTドコモ

キャリアメール情報がなかなか見つから無かったんだけど、pdfに書いてあった。
http://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/service/provider/spmode/guide/sp.pdf

新規申し込みの場合

spモードを新規にご契約されると、メールアドレスは「ランダムな英数字@docomo.ne.jp」となっています。……

iモードの解約と同時にお申込みの場合

iモードの解約と同時にspモードをお申込みいただいた場合は、今までお使いのメールアドレス・iモードパスワード・迷惑メール対策設定が自動的に引き継がれます。

iモードとspモードは排他。
ガラケーを二度と使わないならspモードへ、使うなら予定があるなら今まで通りiモード、iモード.net、mopera U契約でiMoNiを利用すればいい。

spモード変更時にiモードセンターに保存されている未受信メールは破棄される。
元のガラケーにSIMさして受信していない場合、iモードセンターにいっぱい貯まってると思いますが、iMoNiで受信しているので不要だと思います。
必要ならば、spモード契約前にガラケーにSIMさして受信しておくとよいと思います。

カテゴリー: 日記 タグ: