ホーム > 日記 > ECS4.0 第01話

ECS4.0 第01話

ECS4.0でやりたいことを思いついたので調べてます。
日本語でECS4.0のRESTパラメータを紹介しているページを発見して眺めてたんですが、それだけではしたいことができない。
書籍の詳細検索ってやつですね。
こういうことできるのかでいきないのか、英語しかないドキュメント読むのムリーってことで、そういうことやれてるサイトがあるか探してみる。
んで、発見したので、泣く泣く英語のドキュメントと格闘することに。
APIリファレンスを眺めてたらPowerとかいう怪しいパラメータを発見
んで、ItemSearchの項目にそれらしき内容が。

Use the Power parameter to perform book searches using a complex query string.

For example the query “author:ambrose” returns a list of books that include “Ambrose” in the author name. A query of “subject:history and (spain or mexico) and not military and language:spanish” would return a list of books in the Spanish language on the subject of either Spanish or Mexican history, excluding all items with military in their subject.

Query keys that may be used to build power queries include: asin, author, author-exact, author-begins, keywords, keywords-begin, language, publisher, subject, subject-words-begin, subject-begins, title, title-words-begin, and title-begins.

The Power parameter can only be used when SearchIndex equals Books.

Please see this page on Amazon for more information about power search: http://www. amazon.com/exec/obidos/ats-query-page#powersearch.

んで、Powerのパラメータはここの例にならってやったらいけた!
と思ったら、単一項目はいけるけど、2つの項目だとスペースとandでつなぐように書いてあるんだけどうまくいかない。

jpは仕様違うのかね?
リクエストがまちがってたらそりゃあ返ってこない罠。

○ Power=title: こども
項目が1つの場合は部分一致になるらしい。
× Power=publisher: 双葉社 and title: こども
○ Power=publisher: 双葉社 and title: こどものじかん
○ Power=publisher: 双葉社 title: こどものじかん
接続詞を省略したらandになる。
あと、完全一致らしい。
× Power=publisher: 双葉社 and title: こども
× (title: こども) and (publisher: 双葉社)
○ title: *こども* and publisher: 双葉社
項目が2つ以上ある場合は完全一致となるから部分一致なら*の追加が必要。

26件 publisher: 集英社 pubdate: during 1-2006
26件 publisher: 集英社 pubdate: during 01-2006
27件 publisher: 集英社 pubdate: during 2006-1
27件 publisher: 集英社 pubdate: during 2006-01
1件どこかへw
2006-01は2006と認識されるらしい。

とりあえずRESTリクエストは思ったようにできるようになった感じ。
でも、Amazon発売前データあんまり入れてないなぁ。
大手とか人気作品はいれてあるけど。

どっかにコミック発売日一覧をRSSフィードしてるとことかないですかね?
xmlやhtmlファイルでも可。
ISBNは必須で。
てか、3年くらい前にxmlが今(何度目の今だよ)アツイとかで、治療のカルテやら書籍データをxmlデータとして保存すればいいみたいなこと聞いたんですけど、そんな世の中になってないんですかね?
RSSという技術がそれなりの地位を確立したんだからpodcastならぬbookcastとして情報発信すればいいのに。
雑誌じゃなく書籍扱いでISBNがある場合。
これ各出版社必須ね。
んで、各社の情報を元に書店やらがコミック発売一覧表をつくるの、書店でよく貼ってあるアレね。
そうなればみんなハッピーになれるんだけどなぁ。

追記1
それっぽい記事発見
こっちも
両方とも記事古っ。
ダメぽww

追記2
BookCastって言葉はすでに存在してpodcastからの派生で朗読mp3のRSSフィード(?)ぽい。
アレか…。

まぁ、名前は何でもいいんで誰か適当にでっちあげて流行らせてデファクトスタンダードにしてください。

カテゴリー: 日記 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。