ホーム > 日記 > リバースプロクシを利用する際にはmod_rpafを利用する

リバースプロクシを利用する際にはmod_rpafを利用する

リバースプロクシを利用していると、リクエストのリモートホストアドレスがプロクシのアドレスになってしまうのでmod_rpafを利用する。
mod_rpaf for Apache
OSはCentOS5.4
事前にgccとhttpd-develをインストールしていること。

wget http://stderr.net/apache/rpaf/download/mod_rpaf-0.6.tar.gz
tar xzf mod_rpaf-0.6.tar.gz
cd mod_rpaf-0.6
vim Makefile

CentOS5系はApache2.2のため、2.0系のmakeを利用するが、2.2はapxs2ではなくapxsという名前なのでmakeファイルを修正する。

APXS2=$(shell which apxs2)

↓↓↓

APXS2=$(shell which apxs)
make rpaf-2.0
make install-2.0
vim /etc/httpd/conf.d/rpaf.conf

RPAFproxy_ipsの値はプロクシのアドレス

LoadModule rpaf_module modules/mod_rpaf-2.0.so
RPAFenable On
RPAFsethostname Off
RPAFproxy_ips 192.168.0.1
カテゴリー: 日記 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。