ホーム > 日記 > EvernoteとgVim 2

EvernoteとgVim 2

続き。

function! CreateNote()
  let title = expand("%:t")
  let tmp = fnamemodify(tempname(), ":p:r").".txt"
  exec ":silent! w! " . tmp
  let cmd = 'ENScript.exe createNote /s '.shellescape(tmp).' /i '.shellescape(title)
  let ret = system(cmd)
  echo ret
endfunction
nmap ,e :call CreateNote()

.txtで保存すればいいんじゃね?ってことでテンポラリに.txtで保存してみる。
ENScript.exeまでフルパスで書いてたらエラーがでてむかついたので環境変数のPATHに”C:\Program Files\Evernote\Evernote3.5″を追加。
現状わかってる問題点
・ファイルの文字コードはCP932じゃないとダメ
・ファイルに&が入ってるとそれ以降保存されない
たぶん&は&にしなきゃいけない風。

カテゴリー: 日記 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。