ホーム > 日記 > やっぱりredmineはpassengerで

やっぱりredmineはpassengerで

redmineを導入するではpasengerを利用しないことにしたのですが、やっぱり利用したほうがいいんじゃないかということで利用します。
最小構成でインストールしたfedora10だったので、ruby-devel、httpd-devel、gcc、gcc-c++とか事前にyum installしました。
WEBrickの停止

# kill -9 プロセスID

passengerのインストール

# gem install passenger
# passenger-install-apache2-module

ポリシーとして/etc/httpd/conf/httpd.confは修正せず/etc/httpd/conf.d/にconfファイルを作成します。
Passengerの設定は以下のファイルを作成し設定しました。
/etc/httpd/conf.d/rails.conf

LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.0.6/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.0.6
PassengerRuby /usr/bin/ruby

VirtualHost周りの設定ファイルはvhosts.conf、ドメインごとの設定はvhosts-ドメイン.confとします
/etc/httpd/conf.d/vhosts.conf

NameVirtualHost *:80

/etc/httpd/conf.d/vhosts-redmine.example.jp.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName redmine.example.jp
    DocumentRoot /var/www/redmine/public
</VirtualHost>

昨日つくったファイルは削除し、apacheを再起動します。

# rm /etc/httpd/conf.d/redmine.conf
# service httpd configtest
# service httpd restart

エラーでてたのでログを確認したところ、sessionディレクトリに書き込み権限がなかったようです。

# chmod 0777 -R /var/www/redmine/tmp
カテゴリー: 日記 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。