ホーム > 日記 > WindowsのApache2.2でSSLを利用する

WindowsのApache2.2でSSLを利用する

RingServer等からopenssl組み込み済みのバイナリを取得する。
今回は「apache_2.2.8-win32-x86-openssl-0.9.8g.msi」

インストーラでデフォルトのままインストール。

コマンドラインから秘密鍵(server.key)、公開鍵(server.csr)、証明書(server.crt)を作成する。


cd C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\bin
openssl.exe genrsa -out ../conf/server.key 1024
openssl.exe req -new -key ../conf/server.key -out ../conf/server.csr -config ../conf/openssl.cnf
openssl.exe x509 -in server.csr -out ../conf/server.crt -req -signkey ../conf/server.key -days 365

公開鍵作成時にいろいろ質問されます。

httpd.confのコメントアウトをはずす。


#LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
 ↓
LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so

#Include conf/extra/httpd-ssl.conf
 ↓
Include conf/extra/httpd-ssl.conf

Apache2.2を再起動する。

カテゴリー: 日記 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。